千葉県市川市南八幡3-4-15 戸佐ビル2階

tel. 047-378-0011

上部消化管内視鏡検査

食道・胃・十二指腸をカメラで見る検査です。カメラのついたチューブを口から挿入します。
ポリープや炎症などをカメラで確認でき、胃がんの早期発見に有効であるとされています。
必要に応じて組織を一部採取し、悪いものでないか、ピロリ菌の有無を病理検査で確認します。
当院では消化器内視鏡専門医の資格を持ち豊富な経験を持つ院長が毎日検査を行っております。
基本的に予約が必要ですが、医師が必要と判断した場合は緊急の検査を行う体制を整えています。
また、アニサキスなどの異物の摘出も行えます。

苦しくない内視鏡検査

不安が大きい方や、以前にカメラを飲むのがつらかった方は鎮静剤により緊張を取り、眠ったような状態で検査をすることもできますのでご相談ください。

検査の流れ

検査前日の21時までにお食事を済ませていただき、それ以降は水分のみ摂取ができます。
朝起きたらコップ2杯以上のお水を飲んでから来院していただきます。
当日は胃をきれいにする薬を飲んでいただき、喉の麻酔を口に含んでしばらく待ちます。
その後さらに喉にスプレーの麻酔をかけてから検査をします。検査時間は5~10分程度です。
検査後、医師より説明を受けていただき会計後にお帰りいただけます。
鎮静剤を使用した場合、車や自転車の運転はできませんのでご注意ください。
飲食は検査後1時間ほどしてから可能になります。
病理検査をした場合は結果が出るまでに1週間程度かかります。