メニュー

骨密度検査

骨密度が低いと骨折のリスクが高まります。
特に閉経後の女性は骨密度の低い方が多く見られます。
当院では手のレントゲン撮影を行い、約1週間後に骨密度の状況がわかります。
骨密度が低い場合には投薬や注射を行い、骨密度の上昇を図り骨折のリスクを減らします。
検査可能日は限られますので、あらかじめご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME