メニュー

医師の紹介

平成5年7月に日下部病院に入職して以来、約30年間本八幡駅南口の地で診療を行って参りました。日下部病院は外科の専門病院で、手術や化学療法を含め、多数のがん診療を行っておりました。現在は病院からクリニックに変わり、手術は行っておりませんが、外科医としての経験をいかし、乳がん、胃がん、大腸がん検診及び精密検査に力をいれています。もちろん一般の診療も行っております。令和3年5月に現在の大和ビル3階に移り、キャノンメディカルシステム製の最新のマンモグラフィー装置を導入し、マンモグラフィー検診を行っております。内視鏡に関しましても、NBI搭載のオリンパス製最新内視鏡システムを導入しております。肝胆膵領域においては順天堂大学消化器内科と提携し、高度の医療もスムースに提供できる体制を整えております。患者様がなるべく快適に検診や診療を受けていただけるよう、職員と共に日々努力を重ねております。お気軽に受診していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 津嶋秀史

院長略歴

昭和61年3月 昭和大学医学部卒業 
平成2年3月 昭和大学大学院医学研究科卒業
平成2年4月 昭和大学病院外科 勤務
平成3年4月 東京船員保険病院外科 勤務
平成5年7月 日下部病院外科 診療部長
平成13年4月 日下部病院 副院長
平成24年10月 日下部クリニック 院長
平成26年10月 日下部クリニック 院長兼理事長

所属学会

  • 日本外科学会専門医(現行は認定登録医)
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本乳癌学会
  • 日本化学療法学会

保有資格

  • 医学博士
  • マンモグラフィー読影医
  • 日本医師会認定産業医
  • 市川市消防局 産業医
  • 千葉県立市川工業高校 産業医、学校医
  • インフェクションコントロールドクター
  • 市川市医師会乳がん検診検討委員会 委員長
  • 市川市医師会大腸がん検診検討委員会 委員  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME